忍者ブログ

加齢に負けるな!美と健康の天秤ブログ

視力低下の原因を探り、やさしい目のケアによる視力回復方法

現代の私たちは、パソコンやスマホなど、一つの画面を凝視することが当たり前になっています。そうすることで、視力低下や目の疲れなど、目の環境はどんどん悪化し、負担も増大します。
しかし、生活をしていくうえで、それらを避けることも困難です。

これらと上手に付き合いながらも、視力回復や目の疲労回復に繋がるような行動を取ることをおすすめいたします。

医療機関に相談するとともに、日々の暮らしの中でも、目にやさしいケアや視力回復トレーニングが実践できます。

ここではその方法をご紹介いたします。

視力低下の症状には種類があるのはご存じかと思います。その中で最も多いのは、「近視」です。

近視とは、目の屈折異常の一つで、目の周りの筋肉が緊張状態にあるがために、ピントをうまく合わせられないことで起こります。

斜筋が緊張状態では「近視」、同様の原理で、直筋が緊張状態では「遠視」となります。この筋肉が緊張状態になるには、パソコンやスマホ、ゲームやテレビなど、近くのものを長時間見続けているために起こります。

ですので、この行為を改善し、目の緊張をほぐすことが、視力回復への第一歩であると言えます。

1.目をケアする方法は、目を温める?冷やす?
緊張した筋肉をほぐすには、目を休ませることが必要です。画面を見続けてから30分程度を目安に、目を休ませましょう。

その時、目がショボショボするということがあるかと思います。この場合は、目と目の周辺を温めましょう。そうすることで、血液循環が良くなり筋肉をほぐすことに繋がります。

おしぼりやハンドタオルなどをお湯で湿らせたものを目に乗せる、水の場合はレンジ20秒程度チンするなどの方法もあります。職場でもできそうな方法です。逆に、充血があるときには冷やすのも効果的です。

2.マッサージも効果あり?
温め同様、緊張状態の筋肉を柔らかくするには、体と同じように、マッサージが効果的です。また、血液循環を良くすることにも繋がります。

目そのものを押さないように注意しながら、やさしくマッサージすると良いでしょう。

3.目の休憩は大事!遠くを見ることは目にやさしい?

緊張が原因である視力低下ですが、目を休ませることもとても重要なポイントであり、視力回復へ繋がる効果があります。

近くのものを見て、遠くを見ると言う方法を繰り返すことで効果があります。

4.視力回復には、体操?

緊張状態にある目の筋肉を本格的にほぐすには、目の体操を行うことが有効であるとされています。目をギュっと閉じて開いて視線を前、下、右、左に10秒ずつ行い、視線を時計まわりに1周~2周動かします。
これを1日1回以上行います。ポイントは、顔は動かさず、あくまでも目だけ動かす感じで行うことです。このように、日々目をいたわりながら、現代機器と上手に付き合うことが重要です。また、補助的に老眼サプリを飲んでもよいでしょう。老眼予防なら、ファンケルのえんきんが特にオススメです。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R